ウィスパー・ノット(Whisper Not)


基本情報

ウィスパー・ノット Whisper Not  1956年 
作曲:ベニー・ゴルソン(Benny Golson)
作詞者?どっちかな?
リーロイ・ジャクソン(Leroy Jackson)
レナード・フェザー(Leonard Feather)

かつて渡辺徹さんの浮気が週刊誌にすっぱ抜かれた時、奥さん(郁恵ちゃん)は親族会議でお姉さんなどからこう言われたそうです。

「あんたがしっかりしてないからこんなことになるのよ!」

いやあ、重い言葉ですねえー

普通浮気は「する方が悪い」わけですが、相手がたに遠因があったりするのも事実。

しかも男は、常に浮気のチャンスを伺っている動物ですからなおさら。

ついでに言うと、奥さんが魅力的でしっかりしていたら、浮気せん方が楽チンなので丸く収まるもんなんでしょうね。

噂話そして忠告、これもハードル

Sing low, sing clear

Sweet words in my ear

小さく,だけどはっきりと

甘美な言葉を私の耳に歌って聞かせて

 

Not a whisper of despair

But love’s own prayer

絶望のささやきではなく,

愛の祈りを

 

Sing on,Until you bring back the thrill

Of a sentimental tune that died too soon

歌い続けて,あっという間に消え去ってしまった,

抒情的な旋律が蘇ってくるまで

 

Our harmony was lost

But you forgave, I forgot

私たちのハーモニーは失われてしまったけれど,

あなたは許してくれたし,私も忘れたわ

 

Whisper not of quarrels past

You know we’ve had our last

昔のケンカのことを口にするのはやめて

もうケンカはしないって,分かってるでしょ

 

So now, we’ll be on key constantly

Love will whisper on eternally

さあ,私たちの調性をいつも合わせていきましょう

そうすれば愛は永遠に響き続けてくれるわ

 

Why did we listen when they said it wouldn’t last

Gossiping voices made us break up,But you know we still can make up

周りの人が長続きしないと言ったとき,
どうしてそんなものに耳を貸したのかしら

人の噂話が私たちの仲を引き裂いてしまったけど,
まだやり直せるわよね

 

If we forget ‘em all, and answer Cupid’s call

It’s the truth!

昔のことは全部忘れて,キューピッドの呼びかけに応えれば,

やり直せるに違いないわ

 

Whispers of troubles are an echo of the past

All it will take to lose my gloom is just a whisper

いざこざの話なんて,昔あったことの残響にすぎないわ

私の憂鬱な気持ちを追い払うためには,
ただ囁いてくれればいいの

 

Not of rumors but of your love for me

That’s how it’s got to be

噂話のことなんかじゃなくて,あなたの私への愛を

そうすれば,やり直せるに違いないわ

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す