魂を揺さぶる、This Here Is Bobby Timmons

 

Bobby Timmons作曲 魂を揺さぶるファンキーナンバー

 

この〜 っていう意味だそうです。

どういう意味なんだろう〜

って未だにわかってません。

これがボビーティモンズだ

これぞボビーティモンズだ

これこそが・・・

「わたしが!」ティモンズだ!

ってかんじかなあ。

とりあえず曲の方は、まさにティモンズ。この人以外考えられない。

お伴はバーボンウイスキーかなあ〜

そんな雰囲気たっぷり醸し出しています。

(ビーツ・アップ 前田 憲でした)

こうろかんマンスリーライブ、こんな風に楽しくやってます♪

2016/5/27(金)  ライブの様子

こうろかんはこんなお店です

ビーツアップの演奏サンプル(別会場ですが・・・)

 

 

IMG_1832

出発前、ドラムセットつみこむぞー♪

IMG_1835

吉加江 智子、選曲中。

IMG_1836

ビーツ・アップ 前田 憲 演奏前

IMG_1841

ドラムス 前田 憲

IMG_1847

ピアノ 吉加江 智子

IMG_1848

ベース 中島 教秀

IMG_1853

クリエイティブジャズユニット ビーツ・アップ

 

 

 

 

2015/10/30(金)  この日は「ハロウイン」

ds前田 憲 p吉加江 智子 b木村 知之

演目

マシュケナダ
I mean you
コルコバード
テイクファイブ
As time gose by
サッシーサンバ
The JODY grind
黒いオルフェ
Relaxin’ At Camalilo など

 

IMG_1458

吉加江 智子

IMG_1459

黄門さまと、???

IMG_1460

これはいい


IMG_1462

IMG_1463
IMG_1466

一瞬でハートをわしづかみにした、ニカズ・ドリーム(nica’s dream)

ホレス・シルヴァー(Horace Silver)作曲 1956年

 

僕が初めてこの曲を聴いたのは大学入学直後。

18の頃といえば、すでにドラマーで食っていく決意をし燃えていたが、暗やみを突っ走っているような不安と戦うまいにち。

そして、自分がたよんないのを熟知していた私は「再教育してくれる女性」を探し求める日々を送っていたのであった。

何もつかめず、そして自分が何者かも全く分かっていなかったあの頃。

そんな状況でのこの曲との出会い・・・切なさで胸が張り裂けそうになりました。

それはもう、ショックに近い感じ。

 

511w7Z+ntlL._SX355_
辛島文雄トリオ-Larry-Coryell 試聴1 試聴2
今は亡き日野元彦さんのプレイもカッコイイ。

 

たちまち「ニカズドリーム」の虜になりました。ジャズという音楽に興味を持ったのもこの曲が大きなきっかけと言っていいです。

なにを歌っているのだろう?

悲しき恋か?

もちろん、後で知ったがそうではない。だが、ニカという人物は、ジャズやその演奏家たちを愛し、世間に広めようとしていた。

ご存知の方も多いと思うが、ニカさんは大富豪。つまり、精神的経済的に、ジャズミュージシャンを保護し、ジャズを盛り上げようとしてくださったのである。

その方をたたえた歌なんですね。

 

それにしてもホレス・シルヴァーという人は、キャッチーな曲を書く人だ。

ジャズ特有のひねくれた感じがほとんどない。わかりやすい。

メロディーの全てが全部いい。

とくにサビの最後などは「それそれそれ!!」と唸ってしまうピックアップ。

 

こちらはディーディーさんの歌詞付き。平易な英語でわかりやすい。

 

他にもたくさんの名演があります。

フィルウッズはロイシな演奏。ラテンの部分はサンバっぽく演奏してますね。

 

万正寺「♪ @ 卍」Music at Temple 2016年5月15日

2016年5月15日に行いました、万正寺「♪ @ 卍」Music at Temple

 

おかげさまで大盛況でした!

 

万正寺のある「西谷」はこんなところです♪

田村博美さん制作の「宝塚の桃源郷・西谷探訪」より引用させていただきました。大阪市大で講師を務め、都市計画の専門家、アドバイザーとしてご活躍されております。

田村博美さんのプロフィールなどはこちら

 

万正寺、そしてその時のジャズライブの様子などを可愛いイラストにしてくれてますね〜♪

 

mansyouji_minicom

 

 

友人がとってくれた写真です

 

ビーツアップ 万正寺

万正寺2016/5/15 ビーツアップ  Ds 前田 憲 B 中島 教秀 P 吉加江 智子

mansyouji_2016_5_15_drumset

mansyouji_2016_5_15_ken

mansyouji_2016_5_15_temple

 

 

おしながきとその解説です〜

 

 

マンテカ

(manteca/ by Dizzy Gillespie, Chano Pozo and Gil Fuller in 1947)
https://www.youtube.com/watch?v=QBWrLXDKixM

51PkCpDTnDL._SY355_歴史的トランペット奏者「ディジー・ガレスピー」作曲。スペイン語で「ラード」という意味。

ジャズにはラードとかバターとか、油を扱った曲が幾つかありますが、黒人にとっては高価で貴重なものだったようで、ご馳走。

曲にするくらいなので、油脂をたっぷりつけて食事ができる喜びは、想像を絶するほどのものだったのでしょう。

 

 

ピンクパンサーのテーマ

(Pink Panther Theme Song/Song by Henry Mancini from the album The Pink Panther. Released, 1963)
https://www.youtube.com/watch?v=HhHwnrlZRus

ご存知アメリカ映画音楽の巨匠、ヘンリー・マンシーニ作曲のかっちょいい曲。ビーツアップはオリジナルテイストを最大限尊重しつつ、現代的な要素も加えて楽しく聞いていただきます。

 

 

世界に一つだけの花

(作詞・作曲 槇原敬之

 

 

トンボ・イン・7/4

(tombo in 7/4 by Airto Moreira)
https://www.youtube.com/watch?v=tKxposkFaQY

 

 

虹の彼方に

(Over The Rainbow/Harold Arlen)
ハロルド・アーレン作曲の超有名曲。ベースの美しい弓弾き演奏でお届けする予定です。

 

 

バードランドの子守唄

(by George Shearing/Weiss George David)

 

51p5Jt1qXOL._SY355_日本人シンガーも多数カヴァーしている、大変ジャズらしい、恋の切なさを歌った秀逸な曲。

作曲者はピアニストのジョージ・シアリングで、元々は歌詞がなかったが、ほとんどはサラ・ヴォーンの歌をお手本にしている。

https://www.youtube.com/watch?v=x8cFdZyWOOs&feature=youtu.be

 

 

 

Theme of Solitary Notes

(孤独な調べのテーマby Paolo Fedreghini & Marco Bianchi )
https://www.youtube.com/watch?v=EwNz5hEuXnY

 

 

ダリアにキッス(合唱)

(作詞・作曲 吉加江 智子)

 

 

 

万正寺 ♪ @ 卍 Music at Temple
おかげさまで大盛況!

5/15(日)  ds前田 憲  p吉加江 智子 b中島 教秀

☆宝塚の最北端、ダリアの名産地「上佐曽利」のお寺の境内でライブです。この日は、「ダリア祭り」。吉加江智子が作詞作曲した「ダリアにkiss」を皆で合唱しました!

万正寺での演奏はこんな感じです

14:00〜タイミング見て30分2回  大体終わるの15時半  チャージ無料
場所 宝塚市上佐曽利 バスは1日に数本

悪女に、身も心もしゃぶり尽くされたい時、代わりに聴く曲。Satin Doll「サテンドール」

サテンドール/satin doll
1953/58
詩:ジョニー・マーサー
曲:デューク・エリントン&ビリー・ストレイホーン

 

ニューヨークで有名なマドンナ「サテンドール」ちゃん

を描いた歌。

彼女の職業は・・・マドンナということにしておいてください。

 

彼女は、ちょっと寂しくなったら街に出て、脈ありそうな男に色目使います。

 

沢尻エリカ

 

「あの女、俺に気があると思うねん」

 

なんで?

 

「チラチラ俺を見てるから。」

 

 

 

このように男は、ちょっといい女に見つめられたりしたらイチコロです。

つまり誘わせるのが手口。

 

でもおしゃべりしてみたら「なんかイマイチ~」だったとします。

 

男のほうは舞い上がってますので、電話番号聞いてきたりするんですね。

そういう時は。

 

「前に教えたじゃない~」

 

じゃあバイバイってふっちゃいます。

 

散々誘惑しておいたくせにね。

悪女の王道を行ってます。

そんな女を歌った曲です。

 

 

ほかにも本当にたくさんのミュージシャンが演奏してますね。

ビーツ・アップでも、よくやるレパートリーです。

さて、一般的にジャズの演奏って、マニアでない限りちょっとわかりにくかったりします。(マニアの人もひょっとしたら・・・)

歌が入っていたとしても英語なので、ネイティブかまたはそれに近い耳持っているか。または、歌詞の意味を事前に知っているか。こうだと結構楽しめます。

ですが「歌謡曲」のようにすんなり親しめるものではありません。

 

その敷居の高さを、なんとか無くしていきたいのです。

しかも私のバンド「ビーツ・アップ」はピアノトリオ。歌が入ることは滅多にありません。そしてほとんどの場合「生」の状態でライブしますので、楽器の「素っぴん」の音で勝負しなければなりません。

そんな条件のもと、この曲のええとこをみなさんに伝えようと、日々いろいろ取り組んでいるわけです♪

まあこれが、音楽家やっていてとってもクリエイティブそしてエキサイティングな作業であり、このために生きていると言っても過言ではありません。

どうやったら、サテンドールちゃんが次々と男を誘惑していく有様が伝わるのだろうか?

サテンドールちゃんは、さぞかしセクシーな出で立ちで、まるでマリリンモンローのごとく闊歩するんだろうなとか。

そして、舞台であるマンハッタンの、まさに人間模様が、世界一交錯するあの空気感。

エキサイティングかつ何か物悲しいニューヨーク。

そんな雰囲気をお伝えできたらなと、いつも思っています。

 

ライブ情報はこちらです。
www.beats-up.com

妄想でもいいから恋をぐっと進展させたいときに効く曲。マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)

ごきげん麗しゅう♪
ビーツ・アップ 前田 憲です~

 

サンバの歌詞を調べてみると・・・

「とにかくサンバを踊りたいから邪魔するな。止めないでくれ。」というのが多い。とにかくいろんな曲ででてくる。そら~気分よく踊っている時に止められるのは嫌なもんです。

ラーメンを気分よく食っている時に、電話がかかってきたりしたら気が気でない。

とか。

居酒屋を出て、なかなか解散せずに店のまえで、いつまでも「締めくくりのボケとツッコミを繰り返す」のもにたようなもんかな。

こんな風に、ええ気分を邪魔されるのはまっぴらごめんだという、そんな歌です。

具体的に何をイメージするかは、聴く人の自由。ここが音楽や絵のいいところ。

 

まあでも、大概の音楽は「色恋」を歌っている。

ストレートにいうてるのもあれば、暗にそう言っているのもあるし、リスナーが勝手にそうイメージする時もある。

ひょっとしたらこの曲は、なかなか落とせない女性に押しまくっている曲なのかもしれない。「一緒に踊ろう」とは言っていないけど、このセリフよく考えたら、行き着く先は実にエロティック。

心も踊る曲ですね。

そんなイメージで、演奏してみたいと思います♪

 

マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)

ジョルジ・ベン(Jorge Ben Jor, 本名:Jorge Duílio Lima Menezes, ジョルジ・デュイリオ・リマ・メネーゼス, 1945年3月22日 – )の作品。

1963年に発売された『Samba Esquema Novo 』(サンバ・エスケーマ・ノーヴォ、訳:サンバ新体制)に収録。ブラジル国内で10万枚を越すヒットとなる。

 

 

1966年に、セルジオ・メンデスのアルバム『Sergio Mendes & Brasil’66 』に収録された女性コーラス入りのカヴァーが大ヒットし、世界的に有名になる。このヒットでセルジオ・メンデスが世界中の様々なジャンルの音楽ファンに知られるところとなる。

 

 

「マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)」は当時のサンパウロのスラングで

「まさか」「なんてこった」「やなこった」等と言う意味。スペイン語の「Más Que Nada(最高)」と言う意味と混同されているらしい。

 

なんてこった
俺の前をどいておくれ、通りたいんだ
だってそのサンバはノリがとてもいいんだ
俺がしたいのはサンバを踊ることなんだ

マラカトゥの混じったこのサンバは
黒くて古いサンバだ
黒い君のサンバだ

やなこった
こんなにすごく格好いいサンバ
君は望まないだろう
俺が終りにたどり着くことを

ハンモック・海辺・夏の夕ぐれ・ロングスカートの美女。サマーサンバ(Summer Samba)

ごきげん麗しゅう♪
ビーツ・アップ 前田 憲です~

 

夏のサンバ。

 

「夏」は恋の季節だし、サンバは情熱。

しかしながらこの曲の魅力は、メロディーがとっても可愛く、控えめで上品なトコロ。

いい意味でサンバらしくありません。

 

女性が歌って似合う曲かな。

日本人好みのポップな感じに仕上がってます。

歌詞もとてもいい。Aメロでは「someone to~」っていう具合に、誰かが私のことをああしてくれたらこうしてくれたら・・・と夢を語ってます。

で、サビになると急にパア~っと景色が開け、歌詞も副題の「So Nice!」で始まるんですね。

なにが「So Nice!」って、この先の人生、ずっと一緒にサンバを踊っていてくれる人があなたなら・・・という問いかけ。

ここがとってもイイ。

意中の人にこんな風に言われたら、あなたはどんな風に返しますかあ?

 

「サマーサンバ」

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle:1943-)が1966年に作曲
パウロ・セルジオ・ヴァーリが英語詞

ワルター・ワンダレイ~この人が最初にヒットさせました。

 

Andy Williams and Nancy Ames – So Nice(Summer Samba) ‬

デュエットもいいですね。この後の2人の行方を祝福したくなるステージです。
https://youtu.be/Gym_GqPbtbU

 

ステイシー・ケント:Stacey Kent – So Nice

個人的に、このくらいのスローテンポでやるのはとっても艶っぽくて大好き。音の伸びないピアノでは大変難しいテンポかなと・・・

ビーツ・アップ 前田 憲

 

アストラッド・ジルベルト:Astrud Gilberto – So nice

https://youtu.be/xHKBuE7bNFM

 

マルコス・ヴァーリ:Marcos Valle – Samba de Verão

http://youtu.be/DAza_bmDxkY 作曲者の演奏です。

 


万正寺「♪@卍」2015-10-18、薬師本尊さまの御前でビーツ・アップジャズライブ♪

ドラムセット

ビーツ・アップの演奏ダイジェスト

  1. The Jody Gri…
  2. As Times Goes …
  3. Takefiv…
  4. 黒いオルフ…
  5. Watermelonm…
  6. Moon Riv…
  7. オルフェのサン…

の中から3曲ほど手短にまとめました。

小画面バージョンはこちら

 

本番前の様子

☆吉加江 智子 PIANO

キーボード、サウンドセッティング。手馴れたもの。

吉加江 智子ビーツ・アップ

 

☆井上ひろみち TENOR SAX

セッティング。

万正寺ライブ

 

完了。

万正寺ライブ

 

ドラムのセッティングはまだまだ、終わらない・・・

IMG_2199ビーツ・アップ 前田 憲

 

鍵盤で遊ぶ、よゆー。

万正寺ライブ

 

☆ビーツ・アップ 前田 憲 DRUMS

これでもコンパクトセット。

IMG_2202ビーツ・アップ 前田 憲

 

ようやく完了。

 

ドラムセット セッティング完了ドラムセット

 

じゃあ、リハ&サウンドチェック。

ライブ リハ前

 

 

 

リハーサル終了。

本番よろしくです!!
リハーサル終了