悪女に、身も心もしゃぶり尽くされたい時、代わりに聴く曲。Satin Doll「サテンドール」

サテンドール/satin doll
1953/58
詩:ジョニー・マーサー
曲:デューク・エリントン&ビリー・ストレイホーン

 

ニューヨークで有名なマドンナ「サテンドール」ちゃん

を描いた歌。

彼女の職業は・・・マドンナということにしておいてください。

 

彼女は、ちょっと寂しくなったら街に出て、脈ありそうな男に色目使います。

 

沢尻エリカ

 

「あの女、俺に気があると思うねん」

 

なんで?

 

「チラチラ俺を見てるから。」

 

 

 

このように男は、ちょっといい女に見つめられたりしたらイチコロです。

つまり誘わせるのが手口。

 

でもおしゃべりしてみたら「なんかイマイチ~」だったとします。

 

男のほうは舞い上がってますので、電話番号聞いてきたりするんですね。

そういう時は。

 

「前に教えたじゃない~」

 

じゃあバイバイってふっちゃいます。

 

散々誘惑しておいたくせにね。

悪女の王道を行ってます。

そんな女を歌った曲です。

 

 

ほかにも本当にたくさんのミュージシャンが演奏してますね。

ビーツ・アップでも、よくやるレパートリーです。

さて、一般的にジャズの演奏って、マニアでない限りちょっとわかりにくかったりします。(マニアの人もひょっとしたら・・・)

歌が入っていたとしても英語なので、ネイティブかまたはそれに近い耳持っているか。または、歌詞の意味を事前に知っているか。こうだと結構楽しめます。

ですが「歌謡曲」のようにすんなり親しめるものではありません。

 

その敷居の高さを、なんとか無くしていきたいのです。

しかも私のバンド「ビーツ・アップ」はピアノトリオ。歌が入ることは滅多にありません。そしてほとんどの場合「生」の状態でライブしますので、楽器の「素っぴん」の音で勝負しなければなりません。

そんな条件のもと、この曲のええとこをみなさんに伝えようと、日々いろいろ取り組んでいるわけです♪

まあこれが、音楽家やっていてとってもクリエイティブそしてエキサイティングな作業であり、このために生きていると言っても過言ではありません。

どうやったら、サテンドールちゃんが次々と男を誘惑していく有様が伝わるのだろうか?

サテンドールちゃんは、さぞかしセクシーな出で立ちで、まるでマリリンモンローのごとく闊歩するんだろうなとか。

そして、舞台であるマンハッタンの、まさに人間模様が、世界一交錯するあの空気感。

エキサイティングかつ何か物悲しいニューヨーク。

そんな雰囲気をお伝えできたらなと、いつも思っています。

 

ライブ情報はこちらです。
www.beats-up.com

妄想でもいいから恋をぐっと進展させたいときに効く曲。マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)

ごきげん麗しゅう♪
ビーツ・アップ 前田 憲です~

 

サンバの歌詞を調べてみると・・・

「とにかくサンバを踊りたいから邪魔するな。止めないでくれ。」というのが多い。とにかくいろんな曲ででてくる。そら~気分よく踊っている時に止められるのは嫌なもんです。

ラーメンを気分よく食っている時に、電話がかかってきたりしたら気が気でない。

とか。

居酒屋を出て、なかなか解散せずに店のまえで、いつまでも「締めくくりのボケとツッコミを繰り返す」のもにたようなもんかな。

こんな風に、ええ気分を邪魔されるのはまっぴらごめんだという、そんな歌です。

具体的に何をイメージするかは、聴く人の自由。ここが音楽や絵のいいところ。

 

まあでも、大概の音楽は「色恋」を歌っている。

ストレートにいうてるのもあれば、暗にそう言っているのもあるし、リスナーが勝手にそうイメージする時もある。

ひょっとしたらこの曲は、なかなか落とせない女性に押しまくっている曲なのかもしれない。「一緒に踊ろう」とは言っていないけど、このセリフよく考えたら、行き着く先は実にエロティック。

心も踊る曲ですね。

そんなイメージで、演奏してみたいと思います♪

 

マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)

ジョルジ・ベン(Jorge Ben Jor, 本名:Jorge Duílio Lima Menezes, ジョルジ・デュイリオ・リマ・メネーゼス, 1945年3月22日 – )の作品。

1963年に発売された『Samba Esquema Novo 』(サンバ・エスケーマ・ノーヴォ、訳:サンバ新体制)に収録。ブラジル国内で10万枚を越すヒットとなる。

 

 

1966年に、セルジオ・メンデスのアルバム『Sergio Mendes & Brasil’66 』に収録された女性コーラス入りのカヴァーが大ヒットし、世界的に有名になる。このヒットでセルジオ・メンデスが世界中の様々なジャンルの音楽ファンに知られるところとなる。

 

 

「マシュ・ケ・ナダ(Mas Que Nada)」は当時のサンパウロのスラングで

「まさか」「なんてこった」「やなこった」等と言う意味。スペイン語の「Más Que Nada(最高)」と言う意味と混同されているらしい。

 

なんてこった
俺の前をどいておくれ、通りたいんだ
だってそのサンバはノリがとてもいいんだ
俺がしたいのはサンバを踊ることなんだ

マラカトゥの混じったこのサンバは
黒くて古いサンバだ
黒い君のサンバだ

やなこった
こんなにすごく格好いいサンバ
君は望まないだろう
俺が終りにたどり着くことを

ハンモック・海辺・夏の夕ぐれ・ロングスカートの美女。サマーサンバ(Summer Samba)

ごきげん麗しゅう♪
ビーツ・アップ 前田 憲です~

 

夏のサンバ。

 

「夏」は恋の季節だし、サンバは情熱。

しかしながらこの曲の魅力は、メロディーがとっても可愛く、控えめで上品なトコロ。

いい意味でサンバらしくありません。

 

女性が歌って似合う曲かな。

日本人好みのポップな感じに仕上がってます。

歌詞もとてもいい。Aメロでは「someone to~」っていう具合に、誰かが私のことをああしてくれたらこうしてくれたら・・・と夢を語ってます。

で、サビになると急にパア~っと景色が開け、歌詞も副題の「So Nice!」で始まるんですね。

なにが「So Nice!」って、この先の人生、ずっと一緒にサンバを踊っていてくれる人があなたなら・・・という問いかけ。

ここがとってもイイ。

意中の人にこんな風に言われたら、あなたはどんな風に返しますかあ?

 

「サマーサンバ」

マルコス・ヴァーリ(Marcos Valle:1943-)が1966年に作曲
パウロ・セルジオ・ヴァーリが英語詞

ワルター・ワンダレイ~この人が最初にヒットさせました。

 

Andy Williams and Nancy Ames – So Nice(Summer Samba) ‬

デュエットもいいですね。この後の2人の行方を祝福したくなるステージです。
https://youtu.be/Gym_GqPbtbU

 

ステイシー・ケント:Stacey Kent – So Nice

個人的に、このくらいのスローテンポでやるのはとっても艶っぽくて大好き。音の伸びないピアノでは大変難しいテンポかなと・・・

ビーツ・アップ 前田 憲

 

アストラッド・ジルベルト:Astrud Gilberto – So nice

https://youtu.be/xHKBuE7bNFM

 

マルコス・ヴァーリ:Marcos Valle – Samba de Verão

http://youtu.be/DAza_bmDxkY 作曲者の演奏です。

 


万正寺「♪@卍」2015-10-18、薬師本尊さまの御前でビーツ・アップジャズライブ♪

ドラムセット

ビーツ・アップの演奏ダイジェスト

  1. The Jody Gri…
  2. As Times Goes …
  3. Takefiv…
  4. 黒いオルフ…
  5. Watermelonm…
  6. Moon Riv…
  7. オルフェのサン…

の中から3曲ほど手短にまとめました。

小画面バージョンはこちら

 

本番前の様子

☆吉加江 智子 PIANO

キーボード、サウンドセッティング。手馴れたもの。

吉加江 智子ビーツ・アップ

 

☆井上ひろみち TENOR SAX

セッティング。

万正寺ライブ

 

完了。

万正寺ライブ

 

ドラムのセッティングはまだまだ、終わらない・・・

IMG_2199ビーツ・アップ 前田 憲

 

鍵盤で遊ぶ、よゆー。

万正寺ライブ

 

☆ビーツ・アップ 前田 憲 DRUMS

これでもコンパクトセット。

IMG_2202ビーツ・アップ 前田 憲

 

ようやく完了。

 

ドラムセット セッティング完了ドラムセット

 

じゃあ、リハ&サウンドチェック。

ライブ リハ前

 

 

 

リハーサル終了。

本番よろしくです!!
リハーサル終了